ひのきと自然素材

■ 木曽檜を使用して我が家を建築する

日本の住宅の建替えサイクルは、なんと平均26年です。 26年で建替えなくてはならない建物が、現在増えているのが実情です。 それは、外国産の安い輸入材を使用してきたからです。 全体の荷重が1本1本にかかり、それらすべてを土台が受け止めています。 一体どれほどの重量か・・・? そんな重要な部材に、外国産の柔らかい木で造られた集成材を使用する企業が多いのです。 良い建物を造るからこそ、強くて長きに渡り持ちこたえる骨組を使用したいものです。 そのため、私たちは神社仏閣用材として知られる高耐久の木曽檜を、お客様にお薦め致します。 骨組や素材そのものに自信を持ってこそ、得られる安心があります。

■ 「漆喰」 と 「無垢材」 に囲まれた空間

アートカフェの家づくりでは、自然素材を重視しています。 「漆喰」 をふんだんに使い、そして 「木」 にこだわっています。 建物本体はもちろん木造です。 内部に至っては、フロア、ドア、ドア枠、巾木や廻り縁など、あらゆるところに無垢材を使用しています。 工業製品は、できるだけ使わないのがアートカフェのスタイルです。 こうして漆喰と無垢材に囲まれた空間が出来上がると、そこは、空気が違います。 自然素材のものは、工業製品とは違い、有害物質を含んでいません。 また調湿作用がある、漆喰や木は、高温多湿の日本に適していると言えます。 さらに、漆喰には、ホルムアルデヒドなどの化学物質を吸着してくれる作用、アルカリ性による、殺菌効果もあるのです。 自然の恵みは、私たちに暮らしやすい環境と健康をもたらしてくれます。

■ 体にやさしい健康な住宅

住宅は体に影響します。 毎日を安心して暮らすこと、良い環境でリラックスして過ごす事は、心身の健康を維持するための重要な要素ではないでしょうか? 私自身一度、健康を損なった事があります。 損なってしまった健康を、お金で簡単に取り戻す事はできませんでした・・・ 私は家族から病気の人を出したくありません。 家族にとって 「家族みんなが健康でいられること」 がすべての原点だと思います。

 
■ ページトップ
■ ページバック
 
■ 株式会社 アートカフェ - 
設計事務所登録:長野県知事登録(上伊)A第0Y101号
□ 駒ヶ根本社 -
Address:〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂 16575-3
place to Contact:TEL 0265-83-6671 FAX 0265-98-6687
□ 南箕輪事務所 -
Address:〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村 9540-2
place to Contact:TEL 0265-95-4232 FAX 0265-95-3720
- Copyright (C) Architectural Design & Total Coordination Factory Art caf’e Inc. All Rights Reserved. -